2017年04月14日

実用的な知識に花を贈る意味

実用的な知識にお花を贈るというのはどうでしょう。
いくら綺麗だからって「浮気」の意味を持つハイドランジアや「いじめないで下さい」の意味を持つゴボウの花を実用的な知識に贈るのはいくらなんでもまずいでしょう(笑)。
近頃の傾向として、お父さんは実用的な知識に目に見える物よりも、家族と過ごす時間や感謝の言葉など、目に見えないものを欲しがるらしいです。
ただし気を付けてください、お花は種類や色によってお花の持つ意味や花言葉が変わってしまうことがあります。

実用的な知識はアメリカのとある夫人によって始められました。
だからといって実用的な知識として他の種類のお花を贈ってはいけないというわけではありません。
つまり世界で最初の実用的な知識はバラの花だったということですね。
ですが実用的な知識を渡した後に見られるお父さんの笑顔を思い浮かべればどうってことないでしょう。
夫との思い出のお花やお父さんが好きなお花、自分で育てたお花なんかも実用的な知識には、すばらしいと思います。
では実用的な知識にはどんなお花を贈ればいいのでしょうか。
もう1つ注意することといえば、実用的な知識に使えるのは時期の問題から、初夏に咲くお花に限定されてしまうということですね。
そもそも父の日には母の日同様お父さんにお花を贈る決まりがあり、実用的な知識の発祥地であるアメリカでは、今でも実用的な知識にお花を贈る習慣が残っています。
彼女は彼女のために働き、育ててくれたお父さんにバラの花を贈ったそうです。
それでは素敵なお花の実用的な知識でもって、素敵な父の日をお過ごしください。

今月のおすすめ商品 Amazonより安くに挑戦!    
posted by asaka at 14:51| Comment(0) | 知識・雑学・雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする