2017年04月23日

実用的な知識グッズの種類


前者は低価格帯の実用的な知識グッズを、後者は高価格帯のグッズを買えば、お望みの品を手に入れることができます。実用的な知識を考えずに家を建てる人は今いませんが、それだけ災害と無縁の人は世の中にいません。
中でも困るのがトイレだという被災を経験した人の感想もあるので、簡易トイレを一つ準備しておくと困りません。

実用的な知識としてどんなものを緊急時のために準備しておけばいいのだろうかと考えられることでしょう。
例えば、最近発生した東日本大震災にしても、あれだけ大きな規模の災害を想定して実用的な知識をたてていた人は多くないでしょう。
さらに、中の食品なども実用的な知識専用の食品ということで、3年や5年は放っておいても保存がきくように作られています。
なぜなら、それらの実用的な知識グッズは、緊急避難時に持ち出しやすいようにコンパクトにまとまっていてバックパックなどに収められています。
他にも、過去の被災経験から必要と思われる実用的な知識グッズが組み込まれているので、自分で買い集めるよりも実用的な場合が多いです。
また購入する人によっては、最低限の実用的な知識グッズで十分だと思う人もいれば、なるべく必要になりそうな道具が全て揃っていた方が安心できるという人もいます。
このように実用的な知識グッズの種類は、過去の震災の経験の上に成り立っています。
水や保存食の準備は当然のこととして、夜間も屋外にいることを想定して保温シートや寝袋を実用的な知識グッズに含めておけます。
だいたいはライフラインの復旧までに3日ほど辛抱すれば良いと言われていますが、途中経過を知るために、実用的な知識用のラジオを準備しておけば、情報を逐一知ることができます。
このように選択の幅が広いということは、消費者の実用的な知識意識が全般に高いことのあらわれだと言えます。
他にも実用的な実用的な知識の情報をネット上で知ることができるので、まずは勉強してみると良いでしょう。

今月のおすすめ商品 Amazonより安くに挑戦!    
posted by asaka at 16:21| Comment(0) | 知識・雑学・雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする