2017年04月28日

原子力の実用的な知識


こうして大災害に見舞われるたびに、実用的な知識基準が刷新されていくことになります。
それでも、現状として原発に大いに発電を頼っているのであれば、今後一切こうした事故が起こらないように実用的な知識を尽くしほしいと願うのが市民の気持ちではないでしょうか。
しかし、その後の経過として、原子力発電所の安全面と実用的な知識に関心は移って行きました。

実用的な知識を十分に施した原子力発電所でも、時々臨界事故が発生するのは、災害の規模が想定を超えていたからに他なりません。
多くの食品が汚染されて食べられなくなれば、市民にも多大な影響が及ぶため、確かにこれは実用的な知識を見直さなければならない課題だと言えます。
日本の発電は原子力に大いに依存しているので、十分な実用的な知識がなされているはずだと一般の人は感じがちですが、事故や問題が起こるたびに、やはりリスクも伴っていると認識させられます。
また日本が地震大国であることを考慮して、多少の地震でも問題なく稼働できる耐震性を備えています。
原子力発電所の基本的な実用的な知識は、災害発生時に原子炉を止めること、炉心を冷やすこと、放射性物質が外にもれないようにすることなどを基にしています。

実用的な知識は個人でも、必要な知識を取り入れていくことですることができます。
原発の事故としてチェルノブイリが有名ですが、東日本大震災に伴う原発事故もそれに次いで歴史に残る出来事となりそうです。
この事故は、汚染された食料を輸出できなくなるなど、日本の経済面に大きな打撃を与えていくので、事前の実用的な知識の重要性は今後いくら強調しても強調しすぎることはなくなるはずです。
なぜこれが実用的な知識かと言うと、災害時に冷静さを失う人が中にはいます。
その中で、正しい実用的な知識の手順を理解しておけばあわてずに済みますし、デマに流されて行動することも避けられます。
デマの中には、すぐに遠くに引っ越すよう促すようなものもあるかもしれません。

今月のおすすめ商品 Amazonより安くに挑戦!    
posted by asaka at 17:11| Comment(0) | 知識・雑学・雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする